スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住み替え助成基金」第二次抽選会を行いました

3月5日の健康相談会の後は、「自主避難者住み替え助成基金」二次基金の公開抽選会を開催いたしました。

前回の一次基金の公開抽選会を東京新聞が取材をしてくださり、翌16日の一面に掲載してくださったことで、心ある皆さまから多くのご寄付とご声援をいただきました。この二次基金は、そのご寄付を原資に募集いたしました。

当日は、申し込まれた19世帯の方々が参加されました。
まず当法人代表理事のましこより、今回の助成の主旨と経緯について説明をいたしました。その後、当法人理事であり、この基金の発起人の山田眞医師(八王子中央診療所)から、基金設立の動機についてお話頂きました。

その後、申込者の皆さまにはくじをひいて頂き、一斉に開封。全員に「当選」の文字が書いてある結果に、皆さま一瞬驚かれた様子でしたが、すぐにほっとした笑顔となりました。
(申込数が定員の枠内だったため、全員を当選とさせて頂きました。)

その後、一言ずつ自己紹介して頂きましたが、これまでの避難の経緯や現在の状況はそれぞれ本当にさまざまで、「自主避難者」の状況の多様さが表れていました。

終了後は、皆さま一様に感謝のお言葉を述べられ会場を後にされましたが、このように助成できましたのは、ご寄付くださった多くの方々のお陰です。本当にありがとうございました。また今後もこうした自主避難者の置かれている状況をご理解頂き、さまざまなかたちでつながり続けてくださいますことをお願い申し上げます。

現在、また次の助成募集を検討中です。詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、今後とも私どもの活動を見守りくださいますよう、お願い致します。
スポンサーサイト

「自主避難者住み替え助成基金」公開抽選会を行いました

当NPO法人はこのたび、「自主避難者住み替え助成基金」を設立しました。

この基金は、2017年3月末に迫っている自主避難者住宅無償提供打ち切りに伴い、福島から東京、埼玉、神奈川などに自主避難し、子どものために頑張っているシングルマザーの世帯に対し、有償住宅への住み替え費用を助成するものです。

※この基金について、詳しくは●こちら●をお読みください。

この助成対象者を決める公開抽選会を、1月15日の亀戸健康相談会の後に開催いたしました。

当日は、申し込まれた10世帯のママと子どもたちが参加されました。
まず、当法人の理事であり、この基金の発起人として原資となる300万円を寄付してくださった山田眞医師(八王子中央診療所)から、基金設立の動機についてお話頂きました。

その後、ママたちが一人ずつくじをひき、一斉に結果を見て頂くと、全員が「当選」となりました。(今回の助成は、入居住宅の種類を公共団地等と一般賃貸の枠に分けて募集しましたが、定員を超えたのが一方の枠のみだったため、全員を当選とさせて頂きました。)

結果発表後、ママたちには順番に一言ずつ自己紹介して頂きましたが、思いがこみあげ涙を浮かべる方もいらっしゃいました。

今回は、原資として山田医師の個人のご寄付からスタートしましたが、今後も継続的な支援を行いたいと考えておりますので、一般の皆さまへご寄付のご協力を呼びかけてまいります。

ご寄付につきまして、詳しくは●こちら●をお読みください。

また、当日の様子を東京新聞様が取材に来られて、なんと翌日の一面トップに掲載して頂きました。お陰様で多くの方から反響があり、ご寄付とメッセージを頂いております。誠にありがとうございました。
今後とも、当基金へのご協力を、心よりお願い申し上げます。


自主避難者住み替え助成基金 東京新聞記事
プロフィール

ココハピ

Author:ココハピ
NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクトの活動報告です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ツリー親子カテゴリA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。