スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住み替え助成基金」第三次抽選会を行いました

7月2日の健康相談会の後は、「自主避難者住み替え助成基金」三次基金の公開抽選会を開催いたしました。

一次募集は山田医師からの寄付を原資としましたが、その後、この基金のことを報道などで知ってくださった多くの方からご寄付を頂き、二次、三次と募集できることとなりました。
ご寄付を寄せてくださった方々に、心から感謝申し上げます。

7月2日の健康相談会の後は、「自主避難者住み替え助成基金」三次基金の公開抽選会を開催いたしました。

一次募集は山田医師からの寄付を原資としましたが、その後、この基金のことを報道などで知ってくださった多くの方からご寄付を頂き、二次、三次と募集できることとなりました。
ご寄付を寄せてくださった方々に、心から感謝申し上げます。

7月2日は、申し込まれた5世帯の方々が参加されました。

まず発起人の山田医師から、基金設立の動機と、現在までの基金へのご寄付の状況などについてお話がありました。
「自主避難者に協力したいが、どこに寄付してよいかわからなかった」という方が、この基金ならと寄付してくださった例が多くあるということでした。

今回も、申込数が定員の枠内だったため全員当選といたしました。
当選した方々には一言ずつ自己紹介して頂き、参加者同士の交流の機会にもなりました。

現在、第四次助成の募集要項を検討中です。
詳細が決まりましたらホームページ等でお知らせいたしますが、抽選会は11月19日(日)の午後、健康相談会の会場である亀戸ひまわり診療所にて行います。

今後とも私どもの活動を見守りくださいますよう、お願い致します。
スポンサーサイト

7月「ふくしまココロとカラダの健康相談会」実施報告

2017年7月2日
亀戸ひまわり診療所診療所にて
ふくしまココロとカラダの健康相談会を開催しました。

前回5月は申込者がなく未開催でしたので、亀戸での相談会は5ヶ月ぶりでした。今回は、定期的に参加されている方のほか、初めての方もご参加頂きました。
体調や、お子さんの成長のことについて気になっていたことを相談できて良かったというご感想を頂きました。

今回は、東京おもちゃ美術館の学芸員の方が保育スタッフとして入り、特大サイズの箱いっぱいに、夢のあるおもちゃをたくさん持って来てくださいました。
小さな子からおとなまで楽しめるような素敵なおもちゃばかり。子どもたちは、目を輝かせておもちゃに飛びついていました。

今回も午後からは住み替え助成の抽選会があったため、昼食後は早めに解散しましたが、相談を終えられた方同士も、ランチを一緒に頂きながら話が弾んでいたようでした。

参加:2家族7名
担当:黒部医師、山田医師、平野医師、社会福祉士
保育スタッフ:1名
スタッフ:1名

協力:子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク
   NPO新宿代々木市民測定所

次の健康相談会は9月10日(日)、練馬すずしろ診療所にて開催します。
10:30~12:00、予約制です。交通費の補助もしています。
ご参加希望の方は、 info@kokokara-hp.org  まで、
件名を「9月健康相談会申込み」として、メールをお送りください。
プロフィール

ココハピ

Author:ココハピ
NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクトの活動報告です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ツリー親子カテゴリA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。